本文へスキップ

安心の広島県住宅供給公社が運営する介護付有料老人ホーム
サニーコート広島


 サニーコート広島「看取りに関する指針」


 T 看取り介護に関する考え方
 U 看取り介護の経過(時期、プロセス毎)の考え方
 V 医師、医療機関との連携
 W 看取りにおける医療について
 X ご本人等との話し合いや同意、意思確認の方法
 Y 実施に当たって



T 看取り介護に関する考え方

1 目 的
サニーコート広島のご入居者様が、加齢に伴う機能低下や病気・外傷による回復不能などで容態を悪化させた場合、ご本人の希望に基づき、痛みや苦痛の症状の軽減に努め、穏やかで、安らかな日々を過ごしていただくための終末期にふさわしい介護を行います。
なお、これら一連の過程を「看取り介護」と定義します。

2 基本的事項
(1)ご本人の意思を最優先とします。
(2)あらかじめ代理人を指定していただくこととし、ご本人が意思表示できない場合は当該代理人様に対して意思確認を行います。
(3)看取り介護に係る医療行為等は、サニーコート広島協力医療機関の医師(以下「協力医療機関医師」という。)が行います。
(4)ご本人とご家族等代理人様の思いや願いをくみ取る姿勢でのぞみます。

3 対 象
次の(1)及び(2)に該当される方
(1)慢性疾患や加齢等に伴う機能低下により心身が衰弱し、協力医療機関医師により、一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがないと診断される状態にある方で、協力医療機関医師と相談・協議の結果、次の@又はAのいずれかに該当する場合
@ご本人が看取り介護について同意した場合
Aご本人の判断力が低下した場合であって、ご本人があらかじめ指定した代理人が、看取り介護に同意した場合

(2)協力医療機関医師による訪問診療を定期的に受けている方

ページのトップに戻る




U 看取り介護の経過(時期、プロセス毎)の考え方

段 階  職員の対応等
 開 始   協力医療機関医師により,一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがないと診断され,ご本人の理解と同意が得られた時点から看取り介護を開始します。
 前期 ・病状の変化が月単位と考える時期
・苦痛が緩和していれば日常生活はかなり安定している時期
 
・今後の予測されるADL(activities of daily living:日常生活動作)の変化に備え身辺整理・看取りの場の確認を行います。
・多職種による打合せを行います。
 中期  ・病状の変化が週単位と考える時期
・日常生活の自立度が急速に低下することが多い時期
・状態悪化による精神的苦痛,またご家族へは予期的悲嘆への精神的配慮が必要です
・付き添うことによる介護疲れへの配慮
 後期  ・病状が日にち単位で変化する時期 ・臥床する時間が長くなり症状の緩和と安楽な体位への工夫が優先されます。
・蘇生術,看取りの場,死亡時の緊急連絡先の再確認
 死亡直前期  ・状態が時間単位で変化する時期
・意識状態は清明とは言えないことが多くなる。
・ご本人,ご家族等にとってかけがえのない豊かな時間となるよう配慮
・死亡時及び死亡後についての諸確認と準備

ページのトップに戻る




V 医師、医療機関との連携

1 「協力医療機関に関する協定書」に基づき協力医療機関を定めるものとし、看取りにおける医療行為は、当該協力医療機関医師の指示のもとに行います。

2 症状に急変が生じた場合その他必要な場合には、サニーコート広島職員が、協力医療機関医師に連絡をとり、これに対し協力医療機関医師は迅速に適切な対応をとるものとします。また、緊急時等の診療対応のほか、看取り介護における協力医療機関医師の役割は次のとおりとします。
@看取り介護の開始時期の判断
Aご本人等への病状説明
Bご本人等への看取り介護の同意に係る説明
C死亡確認及び死亡診断書等関係書類記録の記載
Dその他特に必要とする場合のサニーコート広島で実施する協議等への出席

ページのトップに戻る




W 看取りにおける医療について


1 看取りにおける医療は緩和医療を基本とする。当施設で提供が可能な医療行為は、おおむね次のとおりとします。
 @尿留置管理 A胃ろう管理 B喀痰吸引(口腔、鼻腔) Cじょくそう予防、処置
Dストマ装具管理 E在宅酸素管理 F摘便・浣腸 G疼痛緩和

2 看護職員の役割分担
  @協力医療機関医師の指示を受けての医療行為〜訪問看護(医療保険)による 
A日常の医療的ケア〜施設看護職員によります。

ページのトップに戻る




X ご本人等との話し合いや同意、意思確認の方法


1 当施設入居時に、看取り介護の基本理念をご説明の上、文書により看取り介護等についての意向を事前に確認します。なお、回答については任意であるが、内容の見直しや記載変更を適宜行うことを前提に提出をしていただくことが望ましい。

2 ナーシングホーム入所に際しては、看取り介護についてご説明の上、文書によりご本人又は代理人様の意向を確認又は再確認します。

3 1及び2の場合において、ご本人又は代理人様に看取り介護の要望があるときは、状況に応じ、協力医療機関医師による診療を受けるものとします。

4 3の診療及びご本人等と協力医療機関医師との相談・協議を経た上で、文書により同意の意思確認を行います。

5 看取り介護を行う場合は、看取りに関する計画を、看護職員、介護支援専門員、介護職員その他の職種の者が共同で作成し、随時ご本人又は代理人様に説明を行うこととし、ご本人の同意(代理人様が説明を受けた上で同意した場合を含む。)を得るものとします。

6 ご本人の状態又は代理人様の求め等に応じ、看護職員、介護支援専門員、介護職員その他の職種の者の相互連携の下、介護記録等を活用して随時説明を行い、ご本人の同意(代理人様が説明を受けた上で同意した場合を含む。)を得て、看取り介護を適切に行います。

ページのトップに戻る




Y 実施に当たって

1 看取りの場の環境整備
尊厳ある安らかな最後を迎えていただくために、原則としてナーシングホームに入居していただき、その人らしい人生を全うしていただくための環境整備に努めます。

2 施設内の看取り介護連携体制
(1)支配人を委員長とする多職種によって構成する看取り介護委員会を設置し、ご本人の意思や尊厳の保持に配慮しつつ、委員各自がそれぞれ役割分担を持ちながら組織的に看取り介護を行います。また、特に必要な場合は、協力医療機関医師に委員会への出席を依頼します。
(2)看取り介護委員会の機関として担当者会(定期的カンファレンス)を設置することとし、状況に応じ定期的に(看取りの段階「後期」以降は随時)開催します。

3 職員研修
看取りについての知識及び理解を深めるため、次の項目等について、職員研修(職場研修及び職場外研修)を行います。
@看取り介護の理念
A看取り期に起こりうる身体・精神的変化への対応方法
Bご本人・ご家族への精神的援助方法
C多職種協働の方法と各職種の役割
D夜間や急変時への対応
E看取り実施後はその振り返り

ページのトップに戻る


健康管理・トータルケア
ゲストサービス
運動・文化サービス
生活利便サービス
フードサービス
医療連携
看取り
機能回復訓練