本文へスキップ

安心の広島県住宅供給公社が運営する介護付有料老人ホーム
サニーコート広島


 追加契約制度  追加契約制度のイラスト
  • 当初お一人で入居され、その後もうお一人が追加契約をして同居できる制度です。
  • 当初お二人で入居され、その後お一人になられた場合、別の方お一人を追加契約できます。
  • この場合には追加契約時の差額入居金、介護費用をいただきます。
  • 追加契約をなさる方は、契約者の配偶者、または三親等以内の血族もしくは一親等の姻族の方で、原則、満65歳以上の方に限ります。
  • また、この追加契約は、当初の契約者の入居指定の日から起算して当初契約時に決定された償却期間の二分の一を超えない期間内で1回に限ります。
  • 上記以外の追加入居をされる場合には、追加契約制度は適用になりませんので、新たに1居室をご契約いただくこととなります。


 同居人制度について 同居人制度についてのイラスト 
  • 入居者が病気等で介護や生活の世話が必要となった場合、同居人を置くことができます。但し、事前に承諾が必要です。
  • 同居人は1名を限度とし、原則として3か月以上の同居はできません。
  • 滞在は専用居室のみとし、ゲストルームは使用できません。なお、ご家族、ご親戚、ご友人等の方々が訪問なさって専用居室室内に宿泊いただくのはかまいませんが、宿泊日数に制限があります。
  • 1か月以上の長期滞在になる場合は、同居人の適用を受けることになります。
  • 同居人は施設の利用、食事サービスを受けられます。ただし、管理運営費を別途ご負担していただきます。


 クーリングオフ制度 長期クーリングオフ制度のイラスト
  • ご入居後の生活に馴染めない方や、諸事情により入居契約を解除されたい方のために、入居後90日以内であれば、居住期間中の日数に応じた家賃相当額、管理運営費及び食費等の負担のみで、入居契約を解除することができます。
  • 在居期間中の管理運営費は、日割り計算によりお支払いいただきます。食費等については、別途負担していただきます。
  • 在居期間中の家賃相当額の算定は次のとおりとなります。(算出額に千円未満の端数が生じる場合は千円に切り上げます。)
    在居期間中の
    家賃相当額 
    1か月分の
    家賃相当額
    ÷ 30日 × 在居日数

    [例] 入居金2,850万円(償却期間16年)の契約で、70日在居されて退去された場合
    在居期間中の
    家賃相当額 
    118,750円 ÷ 30日 × 70日 278,000円 


ページのトップに戻る